測量

上空から一定の間隔で写真撮影し、点群データを起こし3D地形データを作成します。

撮影エリアを指定

撮影方法・飛行ルート・飛行高度・速度・写真の重なり度などを指定して飛行させます。

撮影後のデータ

撮影枚数
876枚
データ量
6.95 GB (7,473,800,179 バイト)

撮影元データ 1枚8Mb

点群データを抽出

専用ソフトで、写真のポイントを抽出し、3Dデータを作成します。このサイズで、1日かかります。

完成

3Dで見ることができ、断面図や、面積を測定可能になります。